マイナンバーに関して勘違いしているか?

2015年10月15日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

マイナンバーの運用が来年1月から始まりますが、実際に手続上必要となるのは雇用保険に係るものがスタートとなります。

ということは、年明け間もなく退職する従業員がいた場合ドタバタしそうです。

そのために、在職者の通知カードの控え等を年末調整に係る他の書類と一緒に回収しましょうなどと言ってきました。

 

そうしたところ、「平成27年9月14日版 厚生労働省 雇用保険業務等における社会保障・税番号制度への対応に係るQ&A」 を見ると次のようにありました。

Q6(答)

「なお、在職者の個人番号の提出をお願いする場合には、十分な準備期間を設けることとしていますので、平成28年1月からの提出は求めないこととしています。」

 

ということは、1月1日以後の入社(取得)には個人番号が必要だが、退職(喪失)には、原則としても不要であると解釈してしまったのです。だって、その翌日以降の退職者は平成28年1月1日では在職者ですから。

だから、顧問先様にはその旨説明してしまいました。

ところが、先日支部の研修があり、周りの先生方に聞くと、そんなことはないと言うのです。

そもそも8月以降公表のQ&Aを見てはいないと思うのですが・・・

 

とはいえ確かにQ&Aでは、いつ時点での在職者とは言っていませんので、喪失時点では離職者であり在職者ではない・・・ 解釈できますよ。

 

もしかして、そういう意味?

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら