仕事をしない事務員

2017年3月2日

庭に植えてある梅のつぼみが膨らんできました。

今年は冬があったのかと思えるほどでも、今はもうすっかり春なのでしょうか。

 

36協定、1年変形の協定書などのピークがやってきました。年度末の恒例行事です。

これに続き、労働保険料の確定、社会保険料の算定基礎手続きが押し寄せます。

春の訪れとともに始まる繁忙期。そして夏へ。

 

毎年秋以降、仕事が減ってくるはずなのに、ここ数年、特に昨年はその時期であってもなぜか急速に仕事が増えました。

昨年の繁忙期を乗り越えて、ゆっくりする暇なく次の繁忙期を迎えることになるのです。

徹夜仕事の後の始業時刻みたいに、結構疲れます。

さて、加えて当事務所にも悩みがありまして、それは、労務管理を自らの仕事と捉えられていない事務員さんや事業主様が居られることです。

事務員を窓口に置いて、専門家の社会保険労務士を付けているのだから、事業主様は、自社の労務管理はばっちりだろうと考えておられるのかもしれません。

しかし実際は、その事務員がどこまで自社を把握し理解し、専門家に情報提供をし、これに対する専門家の意見を経営者に伝達、あるいは経営に反映できるかが重要であって、従ってその事務員さんの能力がなければ専門家に依頼する意味がないということです。

この時期、特に新規顧問先様を見ると、すごく思えるんですね。

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら