会社のために資格取ったのに掛かった費用を請求されるんです

2014年7月17日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

このホームページは労働者の方からの問い合わせが結構来ます。

うちは労務管理事務所なので、労働者から無料相談を受けるサービスはやっていないのですが・・・

でも、顧問先様でない事業所でどのようなことを行っているか知る手段にもなり、またそれに労働者がどのような不満を感じているか知ることができます。

頭の中の法律、通達、判例集を検索する練習にもなるので、ある程度はアドバイスすることにしています。

一応、私はあっせん代理のできる特定社会保険労務士ですが、争いは好まないので今のところ労働者側の代理をすることは考えていません。

 

退職すると言ったら、請求すると言われました

先日、電話下さった労働者の方は、こうおっしゃいました。

「会社は、社員に資格を取らせるときに掛かった費用は退職時に請求するって言うのですが、払わないといけませんか? 自己都合の退職のときは何年勤めていても全額なんですが。」

 

それは、あなたが会社からその費用を借りたのですか?

労働者 「よく分かりません。 ある程度勤続したときは請求しないとなっていた就業規則を何年か前に変更して、いつまでも自己都合のときは請求するとしたそうです。」

 私 「請求というよりは、会社がそれを給料か何かから差し引くってことなんでしょ? 業務命令で取得したのなら、差し引くのはおかしいですね。」

 

そもそも、その就業規則は周知されていたのか?

借りた費用を勤続年数によって返済義務を免除するものだったのか、明確な合意も無く初めから退職を足止めするために借金させるものなのか、それとも退職に罰金を課す目的のものなのか、その辺の事情で評価が変わると思いますが、就業規則が見れないので全然はっきりしません。

 就業規則があっても周知されていなければ効力はないし、周知されていても、趣旨によっては労働基準法違反かも知れません。

 

 

労働基準法

(賠償予定の禁止)
 第十六条 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない
 
(前借金相殺の禁止)
第十七条 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない

 

私が社会保険労務士の試験の受験生時代に勉強した内容です。 懐かしいー。

 

 

費用の徴収方法にもよるが

例えば、最後の給与から源泉控除するとか、その費用を徴収する方法が労働基準法違反を構成するのであれば、労働基準監督署に下記労働基準法第104条を根拠に申告したらいいのでは?

 

申告制度

(監督機関に対する申告) 
第百四条 事業場に、この法律又はこの法律に基いて発する命令に違反する事実がある場合においては、労働者は、その事実を行政官庁又は労働基準監督官に申告することができる
2  使用者は、前項の申告をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱をしてはならない
 

退職金から差し引かれたら

聞いてみると、退職金はあるらしいのですが、規程があるのかないのかはっきりしません。

就業規則に基づくものや、慣行として労働条件となっているようなものは、会社は支払い義務を負います。

そうでないとすれば、差し引かれたとしても残りは貰えるから黙っていた方が得かもしれません。

その辺はどうなのか?

 

結局、労働者からの相談は前進しません

上記のような要件が全く確認できないので、的確なアドバイスは難しいのです。

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら