宝くじで1億円当てても健康保険の扶養になれる!

2014年4月9日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

健康保険の扶養となるためには、年収130万円未満が見込まれている必要があります。

年収については過去の実績ではなく、今後の見込みで判断することになる点、税金と異なります。

見込み年収とは、継続して見込まれる収入をいいますので、突発的な臨時収入は除くことになっています。

 

雇用保険の基本手当も継続して得られる収入となる

年収の見込み額によって扶養となるかどうか判断するのに、雇用保険の基本手当の場合、所定給付日数にかかわらず日額が3,611円を超えるかどうかで判断します。

これは、130万円÷360日=3,611円という計算で導かれます。

社会保険はひと月30日とカウントしますので、12か月は360日なのです。

継続的な収入として360日分をみなすことから、わずか90日分の受給であっても、この金額を超える日額で受給するのであれば、その間は扶養から外れなければなりません。

 

宝くじ1億円当選の臨時収入は関係ありません

継続的収入ではない臨時収入は、その額を問いません。

わずか32万5千円の基本手当を受給する間は扶養削除とされるのに、宝くじの1億円はカウントしません。

 

自己都合退職の場合は扶養になれる

正当な理由のない自己都合退職の場合、雇用保険の基本手当は3ヶ月間制限されます。

この給付制限期間中は収入が見込まれませんので、扶養となることができます。

このことは意外と知られていないようです。

しかし、3か月経過後に給付を受ける場合は、最初の失業認定日からは扶養から外れなければなりません。

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら