小さな会社でも賃金規程は備えておきましょう

2015年9月15日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

先日、会社の給与計算を担当されている事務の方が相談にお見えになりました。

 

ご自分の給与計算が正しいのかどうか?

相談したいとおっしゃっていたので、ご来所を頂いた訳です。

 

自分の仕事に疑問を持つことは良いことだと思います。

経理と抱き合わせで、ながーく労働法なんか知る余地もなく、疑問を持つこともなく言われたことを言われたようにやっていることで、責任感を失い何となく安心している事務員さんを見て、なぜか安心している事業主の方は、ものすごく多いと思います。

民事上のトラブル・人材確保の両面で問題が起きなければそれでも構いません。 でも、将来永きに渡りそれが保障されている訳でもありません。

 

さて、本題ですが、やはりその疑問や不安というのは労働基準法の問題でした。

 

月給者の残業代で、法律上の時間単価はどう計算するのか? どこから法律上の残業なのか? 法律上の休日出勤とは何なのか?

同業他社に比べて実態として自社の扱いはどうなのか?

 

話を聞くと、この点に集約されます。

給与計算の際にいつも迷いが生じて、しかしどうするのが正しいか分からず相談相手がいなくて困っているとのこと。

 

この事業所様は就業規則の作成・届け出義務がまだない規模で営んでおられます。

賃金規程もありません。 実務としての給与計算方法に拠り所がないのです。

 

このような場合に、当事務所をご活用いただければ費用・手間共に最小化できると思います。

 

 

ちなみに、賃金規程だけでも作って社内で周知してはどうかとご提案いたしました。

賃金規程があれば、それに沿ったエクセル計算式が作れます。

それに数値を入力すれば、毎回計算に迷うことはなくなるはずです。

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら