扶養の異動に四苦八苦

2015年6月12日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

このところ、なぜか社会保険の氏名変更や扶養の異動に関する手続きに苦労しています。

 

これが始まったのは、夫の実家に嫁いだ娘が別居の実母を扶養していた案件です。

会社から連絡があり、「〇〇さんは結婚して氏名と住所が変更になりました。」 としてその手続きを依頼されたのですが、その方には健康保険の被扶養者として母が登録されています。

取得時には同居で同姓だったので容易に扶養になれた訳です。

被扶養者の保険証には被保険者の氏名が記載されますので、被保険者本人の保険証のみ変更するというだけでは足りず、被扶養者の保険証も添付し変更します。

被保険者の娘が氏名変更し、住所も変わり母と別居するとなると、母との生計維持関係に変化があったと分かりますので、引き続き扶養の要件を満たすかどうか再確認する必要が出てきます。

会社が言うように、氏名変更と住所変更の手続き” だけ” では済まないのです。

 

自分で氏名変更していた?

次に、年金手帳の氏名を変更したのに記載していなかった方が、入社日に入院した案件。

入社書類として年金手帳をお預かりしたのですが、その氏名欄に変更前の氏名のみ記載されていたので、そのまま取得届に記載したところ、氏名の登録が異なるとして変更後の氏名で取得確認通知がありました。 氏名といっても、単純なヨミガナによる微妙な相違ではあります。

そのこと自体に問題はありませんが、その方は入社当日に入院したため、取得と同時に限度額適用認定申請をしていたのです。

そのままでは適用証が使えないかも知れません。

確認したところ、限度額適用は保険証の氏名から引用されるとのことで、問題ありませんでした。

ところが、その被扶養者たる配偶者と子供たちの保険証が変更前の氏名になっていたのです。

特に配偶者は国年第3号ですのでヨミガナ含め氏名登録が違っていては困ります。 どうなってるんだ?

 

押印を待っていたら死亡した?

他にも命に関わるようなものを含め、結婚・離婚関係で、本人だけでなく子の氏名変更や扶養認定日をどうするのかとか、色々な案件がありましたが、ここでは書きません。

 

なぜか、労働保険の年度更新と算定基礎や調査対応で大変なときに、氏名変更・住所変更・扶養異動関係のイレギュラーな難しい案件がやってきます。

忙しいからと拒絶することは全くありませんが、なぜなのか?  単純に知りたくなります。

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら