最近はご来所頂くことが多くなりました。

2016年10月13日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

数年前までは、顧問先様等からご連絡頂いたときは、必要な書類に印鑑を頂きに、私の方から顧問先様に訪問していました。

そして、訪問ついでに様々なご相談を頂き、また仕事を持ち帰るようなスタイルで仕事をしていました。

営業ではありませんが、結構足で稼いでいた時代です。

年金事務所やハローワーク、労働基準監督署等も基本的に書類を提出しに通っていましたので、窓口でいろんな質問ができたり、最近の動向などの情報交換みたいなことができました。

今は随分と変わったな・・・ と思います。

 

これが、社会保険でいえば、手続の窓口が酒田から鶴岡に、さらに山形に変わり、今では仙台です。酒田に事務所を構える私としては、基本的に書類は郵送するスタイルに変わりました。

さらに、現在は電子申請になりましたので、書類を印刷することすらなくなり、当然に郵送することもなくなりました。

顧問先様との書類等のやり取りも、印鑑を頂く前提だった頃は、基本的に対面で手渡しといった感じでしたが、いつの間にか郵送に変わり、さらに現在はほとんどPDFの送受信です。

表面上は業務の効率化が非常に進みました。

すると、今度は多くの顧問先様の認識では、私はいつも外出中という前提から、事務所に居るという前提になったようで、電話もメールも私が事務所でコンピュータの画面を見ながらでないと答えることができないような、細かい内容が多くなったように思います。

それが外出中であれば、「外出中なので、戻ったら折り返します。」 となるのですが、最近はほとんどなくなり、その場で対応できていますので、これは顧問先様にしてみても都合が良いようです。

しかも、行けばいつでも居るのであれば、顧問先様の都合で行ってしまった方が効率が良いということなのか、これまでご来所頂いたことのない顧問先様までも、いつの間にかご来所頂くスタイルへと変わってきました。

確かに、私自身が訪問スタイルだった頃を思い起こせば、訪問すればいつも担当者が出てきてくれて、電話すればいつでも話ができて、その場で資料のやり取りや確認などして頂ける環境はありがたいです。

私自身、事務所にこもるよりも、自由に出掛けたいタイプですが、ひょっとすると、こちらから訪問する代わりに、基本的に事務所を留守にするという従来のスタイルは、こういう面でご不便を掛けていたのかなと、今になって思います。

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら