歩合給に残業代要るの?

2013年10月18日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

トラックやタクシーのドライバーの方、販売会社の営業社員の方など、歩合給は一般的に普及しているといえます。売上のうち○%などと決めている会社が多いのではないでしょうか。固定給と歩合給を組み合わせている会社も多いと思います。

 

働く側からすれば、やればやっただけ賃金が得られ、雇う側からすれば、賃金の変動費化を図ることができ、また社員のモチベーションによって業績向上が期待できます。

経営者が望むのは『成果に応じた賃金』ではないでしょうか。

 

しかし、請負などでなく雇用である以上、労働基準法はあくまで『働く時間』に対する賃金の支払いを求めます。

この辺は、法と現実とのミスマッチが否めませんが、歩合給に関してはある程度、成果を反映したものとすることができます。

 

例えばある労働者が10時間働いた日に歩合給を1万円得たとします。この日は法定の8時間を2時間超えたので、2時間分の残業代を支払わなければなりません。

 

同じ1万円でも日給の場合ですと時間単価(1万円÷8時間)の125%、これを2時間分払います。計算してみると、三千円ちょっとになります

 

でも、考えてみてください。歩合給なんだから、そもそもこの日は10時間働いたからこそ1万円が得られたのです。8時間だったら8千円しか得られなかったかもしれません。

2時間分の時間単価は歩合給で支払い済みではありませんか?

 

それに、歩合給なんだから時間単価の計算も1万円を8時間で割るのはおかしいと思いませんか?10時間働いた成果が1万円ならば、時間単価は1千円でしょう。

 

そうです。頑固な労働基準法でも、ここは理解しているのです。ですから、この場合の残業代は、1万円÷10時間×0.25×2時間分=五百円となるのです。つまり、8時間を超えた分の時間単価は支払い不要なのです。

 

こういうことを知っておくと、歩合給って、意外といろんな業種で使えそうですね。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら