法律の建前上、社会保険労務士が関与することか?

2014年3月12日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

この時期に多いのが、36協定や1年変形の労使協定の作成です。

これらは 『労使協定』 ですから、労使の当事者で決めることです。

 

なぜ、社会保険労務士は労使協定を代行するのか?

労使(具体的には使用者と労働者代表)が協定当事者であるのに、社会保険労務士がこれを代行できるのか、いつも疑問に感じます。

訳があって知り得たことですが、36協定などの労使協定に社会保険労務士が代行印を押して提出しているのです。

 

代行印を押す箇所がないのに

社会保険労務士が代行印を押す関典型的な書類として、離職票があります。

これは単なる給与や勤務時間数などデータに基づく書類作成ですから代行できると思います。

だから、我々の代行印を押す箇所がありますが、協定書はそうでしょうか?

労使協定に関して、代行などという概念があるのでしょうか? 

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら