無料サービスは不公平か?

2014年4月28日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

当事務所では、関与先(顧問契約とは限らない)様に対して、毎月事務所レターを送付しています。

このブログに書いているようなことを印刷して請求書と一緒に同封しています。

 

ついでだからと始めたことが問題に!

どうせ毎月送付するのだからと、これに保険料の案内など、送付先事業所様独自の情報を反映したお知らせを同封するようになったのです。

請求書のない月にもそうしていました。

顧問契約のない関与先様でも、スポットで対応するために個人情報や手続きの履歴はすべて管理しているので、例えば40歳になる人の介護保険料案内や60歳になる人の年金請求やその他手続きの案内、65歳になる方の雇用保険料免除の案内など、いくらでもできる訳です。

それなりのコストを掛けて、このようなシステムを持っています。

考えてみれば、このようなことは行政機関がしてくれるものではないので、社会保険労務士の行うサービスそのものとも言えます。

 

社会保険労務士サービスは無料ではありません

良かれと思い、そのようなサービスを付随した関係を求め事務所レターを出していた訳ですが、毎月顧問報酬を請求させていただいている顧問先様からすれば、確かに不公平な扱いです。

顧問契約であれば何もないときでも顧問報酬は請求する訳ですが、顧問契約のない場合でもこのようなサービスが付随するとすれば、何のために請求されるのか?

そう考えられても仕方のないことでした。

バスの運転手が 『ついでだから、乗って行きな!』 とは確かに言いません。

それなら、運賃を払う利用者は不公平と感じるでしょう。

私が誤り提供してしまったサービスを受けていた事業所様はすでにこれを事務の流れに組み込んでいるところがあります。

高度な専門知識を必要とする場面が非常に少ないため、本当に小規模の事業所様にはこのような問題があります。

この問題は、さまざまな方の意見を聞いて対処していこうと思っています。

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら