賃金不払いを、前後の月と相殺してみたらこうなった

2014年2月25日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

先日、顧問先様が監督署から受けた是正勧告書に対して、是正報告書を提出しました。

内容は、賃金不払いがあるなら、全額支払うようにとのものです。

 

確かに、単月では不払いはあった。でも相殺してみた・・・。

調査の期間はちょうど繁忙期なので、休日出勤や残業がかなりありました。

しかし、その前後の月では、必要のない残業手当が支払われており、労働基準法第24条の 『全額払いの原則』 に反することを承知の上で、これらを相殺し、不払いも過払いもなしとする内容で書きました。

なぜ不要な残業手当を出したのか不思議ですが・・・。

しかしこのことから、私も、この事業主様は違法に賃金を支払いたくない訳ではないと判断し、あえて厳密には法違反を含む是正報告書を提出してみました。

 

きちんと計算根拠を示せば会社の主張も結構通る

不払いのある月にいくらの不払いがあり、その前後でいくらの過払いがあるのか?

その中で、各労働者にいくらの相殺をするのか?

その結果、不払いがなくなる根拠をすべてエクセルで計算し、明らかにした書類を添付しました。やはり、私ども社会保険労務士はそこまですべきかと思います。

監督官はこれに対して、非常に理解してくれました。

加えて、残業時間の記録が、タイムカードの打刻時刻と乖離する場合、現場の管理者に対して直接調査した結果、『使用者の指揮管理下になかった』 として、労働時間、つまり残業という労働ではない時間だったことも理解していただきました。

監督官によっても違うと思いますが、会社側(社労士)も何かを主張する以上は、できるだけの根拠を積極的に示すことが必要であると思います。

とはいえ、一時をしのいだだけで、何の対策も講じようとしなければ・・・。

監督署はもちろん、私もその後の是正は強く求めます!

 

 

 

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら