1日9時間働かせた社長は 「6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する」 とは本当か?

2014年10月15日

こんにちは! 酒田の社会保険労務士 村西です。

 

1日9時間なんて普通に働かせているけど、そんなこと聞いたことないよ。

そう思われる社長様がたくさんいるというか、むしろそれが普通の感覚ではないでしょうか。

週で40時間、1日8時間を超えれば残業代払うんでしょう? 払うんだからいいんじゃない?

 

本当に罰則ありです

残業代払うんだからいいんじゃない? それは分かりますが、原則的にはそれでも労基法32条違反なので 「6箇月以下の懲役または30万円以下の罰金」 です。

「原則的には」 とは、何もしなければ、労基法はそうなっている、という意味です。

さらに、残業させかつ残業代を支払っていない場合は、「法定労働時間を超えて労働させた罪」 と、「その分の賃金を支払っていない罪」 の両方に該当することになります。

 

36協定で罰則除外

残業代払うんだから・・・ それは、法律違反行為に対して36協定を作成し、労働基準監督署に提出することで、「法定労働時間を超えて労働させた罪」 は免罰されるからです。

ただし、通常の時間当たりの賃金に25%増しの割増賃金を付加して支払わなければなりません。

36協定を作成、提出することで残業代の支払いが免ぜられる訳ではありません。 たまにそういう誤解のある方が見られます。

 

残業代払っていないけど・・・

原則の法定労働時間は、確かに週40時間、1日8時間となっています。

これに対して、変形労働時間制や、みなし労働時間制といった例外が認められています。

これらいずれかの制度を採用するために労使協定や就業規則を整備しているから1日9時間労働させても違法と扱われていないのです。

 

実社会ではこの例外みたいな方が当たり前になっていて、原則は忘れられているようです。

よく聞かれるのは 「あの社長はそう言っていた」  ということ。

でも 「あの社長」 には社会保険労務士が付いているのかもしれません。 貴社は 「あの社長」 と同じように労使協定や就業規則を整備していますか?

 

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る

あおば労務管理事務所へのお問い合わせはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人事労務管理になんとなく不安…そんなとき、迷わずご相談下さい!

お電話・お問い合わせフォームにて、ご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-31-9928

表記しておりますフリーダイヤルは【山形県内のお客様のみ】の
ご利用(携帯も除外)とさせていただきます。

TEL 0234-31-9928

県外・携帯電話からのお問い合わせはこちらへお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら